上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。

やはりブログを三つ持つという暴挙をやってみたものの、なかなかアップができませんね。
ブログ=日記なので気の向いた時書けばよいのでしょうし、関係ないといえば関係ないのですが・・・ね。

さて、前回の続きです。
非常に品のない世界に入っていきます。

“男”なら“過剰”な分を自ら外に放出すると思いますが、私も小学生のころからそのような行為にふけっていたことを前回お書きしました。

ところで・・・あの過剰な分ですが、あれが全部適正な形で使われていたらと考えると恐ろしい気がいたします。右を向いても左を向いてもわがDNAがうようよいることを想像しますとゾッといたします。

表のブログでお書きしている通り、私は釣りが趣味です。
魚類というのは恐らくそんな過剰な精子を作ることもなく産卵期というときに適正に使われるわけです。その点哺乳類というのは過剰な分があるんでしょうか。犬が人の足で腰を振ってしまったり・・・でもあれは本能ですよね。サルは●ナニーを教えるとずっとやっていると言いますがあれはそれだけ知能が発達しているということなのでしょうか。
魚も本能で産卵をするのでしょうが、あんなに体力を使う行為をするということは瞬間的になにか快感があるのかもしれませんよね。

と言うことで、●ナニーという行為は霊長類、特にヒト目ヒト科に特徴的な行為なのでしょう。それを知能が発達しているからととらえるのか、本来子孫を作るための行為を快楽のための行為とするばかりかその擬似行為までしてしまうというところに生物としての不真面目さが備わっているのかわかりませんが・・・。

最近はホールという補助道具もあるようですね。昔はダッチワイフ、南極1号みたいなものしかなかったと記憶しております。そういうアダルトグッズみたいなものも日々発展?しているんですね。

ところで、ドカベン、野球狂の詩、大甲子園などの作者で有名な水島信司さんが変わった方法でなさっていることをかつて語っておられたのでご披露いたします。

「まず利き手以外の手に丁寧にマニキュアを塗ります。その手の手首を膝裏でギューっと締め付けます。すると段々と手先に血液がいかなくなりしびれたような感覚になり・・・その状態ですると自らの手でしているとは思えないのです。」

これを拝聴したときには一言、「凄い」と思いました。ここまで行くと「●ナニスト」ではなく「●ナニズム」=「思想」だ、とも思いました。漫画家の発想というのはここまで豊かじゃないといけないのですね。

私も本年で不惑となりました。若いころは「放っても放っても」という感じでしたが、今やそういう苦労?はほぼなくなりました。

学生の頃、大先輩が「後悔先に立たず、と言うが後で勃って(たって)後悔することもある。」と仰ってましたが、やっとその気持ちがわかってきたような気がいたします。

こういうことで老化を感じるのは寂しいものがありますね。

この話、おしまい、です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ
そして、よかったら「表ブログ」にも来てくださいね。
「釣りと戯言とそして・・・」
http://94432163.at.webry.info/
それと闇ブログも・・・「jun.kの闇ブログ。勝手にしとくよ。」
もよろしくね。
http://blogs.yahoo.co.jp/koubempv/ 



スポンサーサイト
2008.11.30 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。

「釣りと戯言とそして」が表なら、このブログが裏というのは「いかがなものか」という意見が早くもメールに来てしまいました。

そうですよね。コチラの方が「まとも」に思いますよね。

そろそろ・・・まだ3日目くらいですが、暴発しなきゃいけない時期かもしれませんよね。

と、言うことで本当に「裏」っぽくしていきたいと思います。

私は表ブログの通り、「釣り」が好きですが、そのうえに「せん」のつくものも・・・かなりの歴があります。釣りほどではないですが小学校高学年くらいからですかね。

こういう経験は誰しもあると思うのですが、中学生のころ突然、早朝ランニングを始めて・・・エロ本を買ってくる・・・今でもたま~に見かけますが、あの昼間銀色になっている販売機でドキドキしながら・・・早朝買ってくるわけです。

ちょっと話題は変わりますが・・・私が小学生から過ごした練馬区のとある地域はかなり当時イッてる地域でして・・・それが怖くて私は中学受験したりしたのですが・・・「金八先生」とか「積み木崩し」って時代でどこでも校内暴力は当たり前の時代でしたがわが家の近くの中学では校舎の裏側ではレイプがあったりと・・・そんなところだけ「アメリカナイズ」されていて、「怖い地域」であったことは事実です。

一方で「●冶、オラの米返せ」などという「地主」と「小作」の関係を何年かぶりに蒸し返すような貼り紙が電柱に貼られていることなどがあり・・・その「恨み骨髄」といった内容の貼り紙の時代錯誤ぶりからしてもいつ「一揆」が起きてもおかしくないのでは・・・と思うほどのヒドい地域であったと言えます。

私もその被害者でありました。

せっかくドキドキしながら「なけなし」の1000円札・・・まだ、確か伊藤さんだったと思います・・・をスエットのポケットに入れ、午前5時に家をスタート。あの銀色の販売機の中身は顔を近づければ薄く見える・・・くらいのことはわかっていたので・・・いや、どれを買ってもその瞬間の「悪いことしてる」っていうことと女体を見れるという想像によるドキドキぶりが「股間をエベレスト」にしていたわけです。
当時は元気ですから・・・ポケットが逆さになって伊藤さんが落ちやしないかとポケットを押さえて現場までいきました。

現場につくと・・・もう周りが気になって・・・選んでいる暇はありません。1000円を入れて・・・これがなかなか当時の販売機は「拒否反応」して入らなくて・・・新聞配達員なんかが通ると慌ててジョギングを再開して・・・一回りして・・・なーんてドキドキしながら買うのです。

当時はビニ本と言いましたね。確かにそれはビニールコーティングされていました。
買った後は背中にしまい、家に一目散。ですから、真夏でもスウェットの上着は必須でした。

家に帰ると、「釣り人」のオヤジは常に早起きでしたので、気づかれないように庭に侵入し、壁の隙間に隠しておりました。
最初は犬小屋の下に隠していましたが、犬が何を思ったか引っ張り出して破いたのです。

これは、「オレのビニ本に何をする!」という思いよりも「テメー、バレっだろ」という思いが強かったですね。ただ、そんな地域だったので・・・近所の不良が投げ込んだ、と母も思いたかったのか・・・普通に箒ではかれ、処理されておりました。

そして・・・犬が届かない・・・壁の割れ目にまず入れ込みました。万一犬がその周囲に興味を示したらいけないので・・・親の目を盗んで・・・犬が嫌いとされる「カラシ」を周囲の壁に塗り込んだりしてみました。

その本は母が買い物に行ったときに壁から抜き・・・自分の部屋の屋根裏に隠しておりました。
当時の我が家は木造だったので・・・高校1年のとき・・・昼寝しようとベッドに横たわったとき何気に天井が歪曲しているのに気づき、慌ててセレクトしたあとのものを夜中にゴミ捨て場に捨てに行った覚えがあります。

さはさりとて・・・。

そんなある日・・・私はビニ本が買える金ができたので、いつものようにジョギングにいきました。
しかし・・・そこにはあの販売機はありませんでした。

後から聞いた話では・・・販売機の下から金鋸で切り・・・販売機ごと盗んで行った輩がいるとのこと。

皆さんもあの「銀色」の幕が破られて「ビニ本」が一冊、二冊盗まれていたというのは見たことがあると思う。

しかし・・・オレが住んでいたトコ・・・販売機ごとですよ。
快感と生活、そのままぜーんぶとってっちゃった感じなんです。

その時の私のがっかりぶり・・・ビニ本を買うという行為自体がかなりのドキドキ感、そして中身を想像する「ネタ」なのに・・・「不退転の決意」が「無」にされた瞬間の落胆振りははかり知れないものでした。。。。。。。

このネタ続く。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ
そして、よかったら「表ブログ」にも来てくださいね。
「釣りと戯言とそして・・・」
http://94432163.at.webry.info/
それと闇ブログも・・・「jun.kの闇ブログ。勝手にしとくよ。」
もよろしくね。
http://blogs.yahoo.co.jp/koubempv/ 




2008.11.24 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。

たった今、掲題の番組を見ております。

人気番組「行列のできる法律相談所」の特別番組でカンボジアに学校を建てるために芸能人や芸術家が絵を描いて売るものです。

いいことだと思います。購入者はいろいろな思いがあって買うのでしょうがそれで生活苦になるわけでもなさそうなので、それが寄付されるということは良いことだと思います。

落札額が何百万円なんていうものがザラにあって「なんだかんだ言ってもバブリー」な感を持たざるをえないのも事実ですが。

芸術家の絵と芸能人の絵が同等の値段で落札されるのを見ると複雑な気もしますが、それもテレビ番組・・・だからなんでしょう。また、番組にはスポンサーがついていますので、絵の収益はそのまま寄付されるのでしょうから確実に寄付金として支払われるのでしょう。

日本テレビは24時間テレビを始めとしてこのような活動が完全に定着した感がありますね。

一方で、街でやっている募金に関しては・・・疑いを持たざるをえないものが沢山あります。

私の場合、すっかり日本の風物詩?となっている赤い羽根共同募金以外は街頭募金はいたしません。

会社の給料の端数を寄付する活動や難病などの特定の人に個別に募金することはありますが、“赤い羽根”以外は街頭募金はいたしません。

これは人ずてに聞いた話ですが、よくNPO法人を謳った街頭募金がなされていることがあります。
募金活動を都内の駅で行なうと1日50万円~60万円集まることが相場だそうです。

NPO法人を謳った募金の中にはその金を収集したあと、中心人物が金を「わしづかみ」にしてその後収支計算を始めるそうです。

これは人の好意を無にするというか・・・最初からそういう不埒な考えの人が募金のNPOを作ったのでしょう。無論、真面目に寄付金を集めようと・・・それにはやはりボランティアだけでは限界があろうかと考えてNPO法人化した方もいらっしゃると思います。
ただ、そういう方には大変失礼ながらも、それを悪用する輩がいるからには・・・私のような庶民には見分けがつかないために・・・街頭募金はしないようにしています。

私の知る限り募金に限らずNPOの設立に関してはかなり不埒な考えを持つものが多いような気がいたします。少なくともこの法人設立がスタートしたときにはそんな輩が多かったような気がいたします。何かの大義名分があって、自治体などのできあがりのマニュアルに沿えば認可の道に近づく・・・そんな安易な設立ができることがよくなかったのかもしれませんね。

悪いやつほど「ホンキで金儲けしよう」と考えますから、NPOの設立なんてわけないんでしょうね。
逆に純粋な思いがある人ほど・・・手立てがなく・・・設立を失念した人も多いようですね。

まぁ、本当に『ボランティア』や『寄付』したかったら・・・健常である以上、社業に専念して会社に設けてもらいきちんと「法人税」を納め、自らは所得を上げて自らも「所得税」をできる限り納めてから・・・にするべき・・・なんて言ったら言い過ぎですかね?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ
そして、よかったら「表ブログ」にも来てくださいね。
「釣りと戯言とそして・・・」
http://94432163.at.webry.info/

2008.11.23 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。

よく「いらっ」とくることってありませんか?

私の場合、小心者のくせに気が短いのか「いらっ」とくることが良くあります。

今日も2回ありました。

1度目は車を運転していたときのことです。
私は左折しようとしました。そうしたら、歩行者が何人かいましたので、横断歩道の手前で待ちます。

やがて歩行者信号が点滅して・・・歩行者は急いで横断歩道を渡ろうとします。

しかし、その中で悠々と渡って来るガキどもがおりました。ガキと言っても30前くらいでしょうか。男と女でウデ組みながら悠々としているのです。

やがて歩行者信号は赤になりましたがそのままでしたので私は小心者ですが、クラクションを押し「はよ、渡らんか、ワレ」と言ってみました。

ガキは突然のことにビビったのか、若いのに大きなリアクションを取っておりました。

よく、こういうことありませんか?「●●優先」を勘違いしているヤツ。もし、彼らとて急ぐそぶりとか少し頭下げて渡ったりすれば私はクラクションを鳴らすこともなかったと思います。

もう一度はスーパーでタオルを買おうとしていたときのことでした。

私は息子が「アンパンマンタオル」を欲しがったのでレジに300円を持って並んでいました。

私の前にはカードで買い物をした女性がおり・・・レジで二人の店員が相手をしておりました。一人は商品をつつんでいましたが、もう一人は横で立っていました。

そこに商品を手にした別の店員が別の客をひきつれて参りました。その店員はおそらく私と息子の存在に気づきながらレジに入り、その商品の決済を始めました。

すべての客の決済が終わったあとそのうちの一人の店員から「どうぞ」と言われました。

私は小心者ですが、タオルをレジに投げつけ「あんたさ、タオル1枚買うのに何分待たせりゃ気が済むんだよ。責任者呼びな。」と言ってみました。私は責任者なる人に一部始終を話しました。店員たちは平謝りしておりました。

こういうことってありませんか?店に行ってものの順序とか守られないこと。

特にスーパーみたいなところは・・・店員がみなパートだったりするので致し方ないと言えばそうなんでしょうが、まったくCSを考えていない対応をされることがままあります。

私は小心者なので、こんな態度はしたくはないのです。
特別気を遣って欲しいとは思いませんが、世の規律くらい守ってもらいたいな、と思う今日の私なのでした。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ
そして、よかったら「表ブログ」にも来てくださいね。
「釣りと戯言とそして・・・」
http://94432163.at.webry.info/
2008.11.22 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。

私は学生のときも何気に働いていたので今年で営業職が21年目になります。

私の場合、実はまったく営業向きではなく・・・どちらかといえば内勤向きだと思っているのですが、これだけ長くやっておりますと周りから「営業に向いているね」なんて言われているうちに「自分でもそうかもしれない」なんて思うようになって参りました。

要は世の中、私よりもはるかに営業マン向きではない人が頑張って営業をしていることが多い、ということなんでしょう。

私が宮仕えしている会社は・・・そのうち業種くらいは暴露いたしますが・・・営業と言いましても“販社”を回るルートセールスが6割、直接販売や販社を作るような本来の営業活動が4割程度となります。いや、それは理想に近いものでありまして、8割程度がルートセールス、“販社の世話”ということになります。

そういう活動をしておりますと、“販社の世話”つまりもっとはっきり言えば“販社のお守り”にたいそう時間を消費いたします。つまり、男芸者を貫くことがとても多く、販社を「上げたり下げたり」なんて時間がとても徒労にも過ぎていくわけです。

そして、その本分として・・・実は事務処理が多く・・・これに時間がとられていくわけです。最近はかなり販社との“二重構造”が解消されかけてきたこともあり、前ほどではなくなったものの、今度は社内のしがらみ?的な仕事が営業に移ってきており、きちんと川上から川下へという社内のカーストもできあがっているためにかつては内勤のやっていた仕事をやるようになったために結局は同じくらいのサービス残業が生じるわけです。

営業マンのサービスの内容が“販社”から“内勤”に移りつつあることについてはやや納得感に欠けるところですが、それだけ中央集権化が進んでいるってことなんでしょう。
まぁ、愚痴は愚痴として、これほどまでに世に言う事務処理に時間をとられる営業マンがいる業界も少ないのではないか、と思います。

私のいる業界では、そんな感じですので・・・実は事務処理スピードがいかに早くなるかが“成長の証”であると言っても良いと思います。

ただ、この事務処理のスピードっていうのはなかなか誰もが計ることのない・・・ただただ年数を重ねても「面倒くさいなぁ」と思うだけのことなのであります。

私はこの事務処理・・・いくつになっても同じようなことをやることになっているのですが、この時間を計るようにしております。

そこでは・・・同じことをやるにも年を経るごとに確実に早くなっているのですね。
こういうことの実感が成長なんじゃないかな、と思っております。

ルーティンワークの時間短縮を実感する、こういうことって意外にも誰もやっていないことじゃないかな、なんて思っております。

残念ながら営業マンの性(さが)として、数字でものごとが現れないと納得しないっていうのがあります。
会社に対しては「プロセスも重視してくれ」なんて言うわりには自分の力量を数字で測ってしまうということが営業マンには往々にしてあると思います。

もし、若い営業マンがこれをご覧になっていたら、ふだんあなたがルーティンワークと思っているようなことの時間を計って、手帳にでも記しておいてください。日々それは短縮しますし、一年後、二年後、同じことをやれば飛躍的にそのスピードはアップしているはずですよ。

是非、試してみてくださいね。

2008.11.22 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。
こうべえむぴーぶい、です。
自己紹介なんかは今更なので。。。良かったらこれでも見てやってください。

http://94432163.at.webry.info/
「釣りと戯言とそして・・・」

表がどれだけ表なのか、裏がどれだけ裏なのか・・・。

たぶんいずれか見分けがつかないくらいのアホぶりでしょうが、コッチの方をさらにアホっぽくしていきたいかな、と思っています。

もう一つ、学生の頃“構成作家”なんかにあこがれていたので・・・テーマをもって?広告記事なんかも書いてみようかな、と思います。

更新は、気が向いたら、なので週2、3回ってトコでしょうか。

あと、おそらく不快感を与えると思うので「不快だ」と思ったら二度とご覧にならないでください、ね。

では。
2008.11.22 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。