上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。

こちらは半年以上更新していませんでした。

あまり更新しないと「ブログ消されてしまう」恐れがありますので・・・一応更新しておくことにいたしましょう。

コチラにまで手を伸ばす機会がないくらいに多忙を極めておりまして。。。もうかんじがらめの「亀甲縛り」状態なのでございます。

もうすでに表の「釣りと戯言とそして・・・」のネタでさえ尽きてきているにも拘らず、こうして文章を書いた瞬間に「亀甲縛り」で思い浮かぶあたりは「末期症状」なのかもしれません。

私はそういう趣味はないのですが、好きな人は好きなようですね、SM。

私の知り合いでも・・・おります。
彼の場合、学生時代に付き合った彼女が所謂「ドM」だったがために・・・「そういった行為」をする時に「そういうご作法」が必要と勘違いしていたようです。「そういった行為」の時にはお相手を「縛るもの」との理解があおりになったようです。

その彼、入社してすぐに「社内のハイミス」と結婚し、お子さまをもうけるのでありますが、すぐに離婚。その時「ご作法」と思っていたことが「誤作法」であり、「ハイミス」との結婚は「大いなるミス」でしかなかったことがわかったとのですが、家庭裁判所における「和解文」はまた「元の彼」に戻すには十分だったようです。一度ついた癖というのはなかなか抜けないということなんだと思います。

未だにそういうことがあれば「縛る」そうです。もう彼も「不惑」なので、“惑わず縛る”ことをしているのでしょう。彼曰く「婚姻関係で縛る方がよほどリスクが高い」そうです。経験とはそら恐ろしいものです。

そのあたりはどうなんでしょうかね。
あの「縛る」とかいう行為は男としての「征服欲」なんでしょうかね。同様にAVとかで見る「お顔出し」みたいな行為も同じ感覚なのかもしれませんね。

私自身がもともと性格が「ドM」なために「ああいった征服欲みたいなこと」には全くと言ってよいほど興味がございません。

性格が「ドM」と言いましても職場で上司から「しばき倒される」ような行為をされて快感に思うかと言うとそれはそれで嫌なものなのであります。わがままなものです。


久しぶりに更新をしているのですが、明らかに「乗り」が悪いのでこのあたりで閉じておくことといたします。

合掌。







スポンサーサイト
2009.12.19 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。