上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。

運転免許取得当初から「車の運転はとてつもなく難しい」と思っておりましたし、一代目がたった3日で昇天したのちも東八道路で他人様のお車にぶつけてしまったり、車庫入れで左側をこすったりしておりまして「私は運転をしてはならない人なんだ」という気持ちが日に日に募っていったわけなのですが、もともと軽薄短小な時代に学生をやっており「猫も杓子もバブリー」な気持ちでいる中、さほどの容姿も持ち合わせない私に「ナンパの小道具としてのお車」は性欲という非常にわかりやすい本能を満たすためのものとして、頭の軽い大学生の必須アイテムでもあるのでした。

こんなことを書いてはおりますが、私にも二人の子供がおり、彼らには「五体満足で生まれてくれ」とか「元気で健康であって欲しい」とか非常に人並みの感情を持つのですが、学生当時、こと我がこととなりますと贅沢な悩みもございまして「なんで私はこうも醜いの」ということを洗顔の時は勿論のこと、たまに両親と摂る食事の時には「致し方なし」というあきらめと落胆を目のあたりにしながらも「明日の朝起きてみたらトレンディ俳優のようになっていないか」などと土台無理な妄想にふけるのでした。

「醜いアヒルの子」というお話がございます。アヒルの中でいじめられながら育った「醜いこども」が実は美しい白鳥であった・・・というお話なのですが、いろいろと前説はあるものの「やっぱり見た目じゃん」という結末にアンデルセンとは「なんて冷酷な書き手か」と思っていた次第です。きっと美しかったのでしょう・・・アンデルセンは・・・。本当に醜い子の気持ちのわからない話であると思います。

そうなんです。ルックスが良いということはこれくらい強いものはございません。「いい男」>「ブ男+新車+一浪までして国立大学」という図式がきれいに成り立っているのです。
よく「そういうコンプレックスが君を努力させた」などと言われますが、しなくても良い努力ですとか、結果の伴わない努力というのは非常に空しいものであります。「打ちひしがれること」で人としての耐性がちょっと強くなった程度でございます。

車に話を戻しますと・・・少し運転に慣れると「無茶」もしたくなるものでございます。特に隣に「女子」が座っていたりいたしますと若いがゆえの「見せ方」をしたくなってしまうものであります。

1度目は奥多摩周遊道路というところでそれは起きました。春先のことです。
たまたまMR2というトヨタの車を借りて走っておりました。私には「早く走れる車」という理解しかなく少なくとも直線においては「自賠責保険の余剰金で作られた余計な機械」が頭上にあろうものなら「秋の夕焼け空」のごとく赤く赤く輝いただろうな、くらいのスピードで走っていたと思います。
ただ、カーブになりますと途端に根っからの「小心者」が出まして、スピードを落としておりましたところ私よりももっとやんちゃな方々が乗ったカローラクラスのエンジンの車から「コーナーで抜かれる」しかも一度は「インから挿される」という現象に「身の程知らず」の行動を取ろうとするのでした。情けないことです。

少し早めのスピードでコーナーに入ったところ「ちょっと早い」と判断した私は思わずフットブレーキを踏みました。ちょうどそこは沢の水がにじみ出ているあたり、しかも日陰でございまして春とは言いながらも路面が凍結しているところでありました。下手にハンドルを操作したこともあり、車はくるくるくると3回ほど回転いたしましたが、運の良いことに対向車もなく何とか止まってくれました。

よく言われることですが、「死ぬんじゃないか」と思う瞬間に“記憶が走馬灯のように現れる”といいますが、まさにそんな感じなのでした。
ただ、その直後に起きる現実の方がより鮮烈に私の心に刻まれております。

ちょうどお隣にお座りになられていたのはフェ●する女子みたいな女子大に通う「ちょっと今までとは違うタマ」というお嬢様でございました。今思えば何も無茶をしなくとも普通にドライブをして普通に成り行きにまかせれば良かったのだと思うのですが、当時そのような冷静な判断ができようはずもありません。

「左頬」に強烈なビンタを浴びた私は二度と彼女とお話をすることもなくお別れをするのでありました。

2度目の・・・お話は次回に持ち越すことといたしますね。

ランキング参加中ですので↓をクリック頂きたく宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ
そして、よかったら「表ブログ」にも是非いらしてください。
「釣りと戯言とそして・・・」
http://94432163.at.webry.info/


スポンサーサイト
2009.05.10 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://koubempv2.blog92.fc2.com/tb.php/11-2f57f8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
??????å??С?Τ????ζ?? ???Τ???礦 ??
2009.05.11 Mon l ??å777
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。