上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。

昨日、こちらのブログに初めてコメントを頂戴いたしました。ひろし。。。様、有難うございました。

しかし、コメントのレスにも書きましたが、ひろし。。。様は「アレ」ではないそうで・・・ちょっと“仲間意識”が薄らいでしまったような気がいたします。
是非とも“アレ”の方にもコメントを頂戴したいと思いますが、なかなかカミングアウトしにくいものでありましょうから無理強いはできない、というのが実際のところでございます。

さて、昨日は途中で格闘技が始まってしまいましたので書くのをやめてしまいましたが、どこまでお書きしたでしょうか。そうです、七割程度がアレという噂のことでございます。

私も過去に男性経験のやや豊富な淑女と体のお付き合いをしたことがございます。
彼女に思い切ってそのあたりを聞いてみますと・・・
「そうね・・・そんなものかもしれないね。」
ととても喜ばしいお答えが返ってきたのでした。

このお言葉には大変勇気を頂き、それまではそういう体のお付き合いという関係になったときに「コキおろされるのでは・・・」と常に考えておりましたが、「そうでもなさそうだ」ということがわかり、いろいろな女性へのお声がけを強めさせていただいたという経験がございます。

確かにアレでコキおろされたことはございません。
寧ろ「お早いのですね。」と言われることの方がございました。

************************************************************************

アレの原因を考慮した場合、
「竿が短いのか」
「皮が余っているのか」
のいずれか、または双方と言えます。

私の場合を考慮してみますと・・・やはり双方なんでしょうか、比較するものがないのでなんとも言えませんが・・・。

皮の場合、物理的な力をかけないと伸縮はしないものであろうかと思います。
一方で竿の場合は、物理的な力をかけずとも伸縮いたします。

竿の場合、よく言う平常時と興奮時というのがございまして・・・私の竿の場合、これもどこの誰が調べたものかわかりかねますが興奮時は日本人の平均チン長よりも長いようでございます。しかし、平常時は明らかに平均より小さいと思います。

表のブログに釣りのことをしたためさせて頂いておりますが、ちょうど先日、振出竿と並継竿のことについて書かせて頂きました。ひろし。。。様ならおそらくここまで書いたところでどのような展開になるかはお察しかと存じます。

私の場合は、まさに振出竿が竿袋に納まったような状態でございまして、釣りをはじめるべく伸ばすと竿袋に収まりきらなくなるのであります。

私は考えました。常に一定の釣りをする状態に保てば良いのか・・・と。ただ、それはそれで困るのであります。勉強中も仕事中も常に「釣りシーン」を頭に浮かべるなんて器用なことはできませんし、そういった悩みとは別に普通に男性諸氏なら何度か経験のある・・・「どうしてこんな時に竿を出すのだ」と言った状態はやはり恥ずかしいものであります。振出竿も結節部分が溶着すると納竿が大変なようにその状態を納めるのもまた大変なのでございます。

その逆もございます。
冬場の寒い時期は妙に竿が縮こまることがございます。

その際起きる現象として「毛食い」というものがございます。
つまり・・・寒さで竿が縮こまり皮が周りの毛を巻き込んでいくという現象で、これがなかなか「痛い」のであります。

アレでお悩みではないひろし。。。様などはまったく予想もできないでしょうが、どう表現してよいかわかりません。近いものがあるとすれば、夏の海で磯遊びをすると「イソギンチャク」という生物がおりますでしょう、あの生物は魚などがヒラヒラとした触手の中に入ってくると捕らえて食べるのですがあの閉じた状態、潮が下がりすぎて、干上がった状態の「イソギンチャク」に毛が食われていく感じなのであります。

外は雪がしんしんと降り続けております。こういう日は「毛食い」のことを心配しなければならないのです。アレと付き合うのにはこのようなことまで心配しなければならないことをアレでない人にも知ってもらいたいです。
こういう日はいかにアグレッシブに行こうと思いまして「頭だし」なんてしようものなら大変なことになるんです。

************************************************************************

もし、私と同じ悩みを抱えている若い男性諸氏がご覧になられていたら、「何も心配いりませんよ」と申し上げ、皮を差し伸べてあげたいです。きっと「もうこれ以上皮はいらない」と言われてしまうと思いますが。

上記の通り、私はアレのことで女性から揶揄されたことはございませんし、若いときにはそれなりの数の女性とお付き合いもさせて頂きましたし、今は配偶者も子供もおります。普通に生活していけるのです。勇気を持って生きていきましょう。

もし、それでも揶揄する女性がいたらそのような方とはお付き合いしなければ良いのでございます。
そして捨てセリフの代わりに歌ってあげましょう。「ミミズだってオケラだってホーケーだって、みんなみんな生きているんだ、友達なんだ!」

ランキング参加中ですので↓をクリック頂きたく宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ
そして、よかったら「表ブログ」にも是非いらしてください。
「釣りと戯言とそして・・・」
http://94432163.at.webry.info/
それと闇ブログも・・・「jun.kの闇ブログ。勝手にしとくよ。」
もよろしくお願いいたします。
http://blogs.yahoo.co.jp/koubempv/ 
スポンサーサイト
2008.12.07 Sun l 未分類 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

No title
残念ながら・・・。
「毛食い」お世話になってますので
お仲間です。(笑)
私もごくごく普通に生きてますよ~。(^_^;)
2008.12.07 Sun l matie. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.12.07 Sun l . l 編集
毛食い
こんばんは。
寒い冬の日は、コレ以上ナイくらい隠れてしまい毛食い虫に変貌するので、俺もお仲間かも(笑) でもね、平常時はナイと思う、俺も至って普通に暮らしてます(笑)
2008.12.07 Sun l ひろし。。。. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://koubempv2.blog92.fc2.com/tb.php/8-d317df0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。